診療案内|ゆうなぎ歯科こども歯科|横川駅徒歩5分|広島市西区三篠町の歯医者

〒733-0003 広島県広島市西区三篠町1丁目3-20 NEW’S 壱番館1F
Tel.082-555-9229

ヘッダー画像

診療案内

診療案内|ゆうなぎ歯科こども歯科|横川駅徒歩5分|広島市西区三篠町の歯医者

  • 虫歯治療

    初期段階の虫歯は自覚症状が現れず、日常的なケアを怠ると悪化し、やがて痛みを伴うようになります。虫歯は早い段階で治療を開始すれば、比較的簡単な処置で治癒します。虫歯の兆候があればお早めに受診ください。

  • 歯周病治療

    歯周病とは、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)から細菌が侵入し、歯肉に炎症を引き起こしたり、歯を支える骨(歯槽骨)などが溶けたりする病気です。歯を失う原因として、虫歯よりも多くの割合を占めています。「たかが口の病気」と放っておくと、健康寿命を縮めてしまうことがありますので注意が必要です。

  • 小児歯科

    当院では「虫歯の予防」と「治療でこどもが泣かないこと」を大切にしています。虫歯の予防が大切であることはいうまでもありませんが、治療で辛い思いをしてしまうとトラウマで歯医者嫌いになり、大人になっても歯科医院に通うのが怖くなり歯を失う悪循環になります。当院では初期虫歯の早期発見、管理とこどもの成長に合わせた治療により、安心して通えるように配慮した診療を心がけています。

  • 親知らず

    「親知らず」は、10代後半から20代にかけて上下の顎(あご)の一番奥に生えてくる歯です。生えてくる時期が親元を離れる時期なのでこう呼ばれています。顎が退化して小さくなった現代人では必ずしも4本あるとは限りません。生えてくるすき間(萌出スペース)がないために横や斜めになったり、埋まったままになることが多いです。虫歯や歯周病のリスクがある生え方の場合は、抜歯が必要です。

  • ブリッジ・入れ歯

    自分の歯を失った部位を補う治療を補綴(ほてつ)といいます。代表的な方法としては「ブリッジ」と「義歯(入れ歯)」があります。ブリッジは主に少数歯の喪失に適応される治療法で両隣の歯を削ってつながったかぶせものを装着します。義歯は取り外しの装置で全ての歯がなくなっていれば総義歯(総入れ歯)、一本でも残っていれば部分床義歯(部分入れ歯)といいます。それぞれにメリットデメリットが存在するため比較して選択する必要があります。

  • インプラント

    当院には口腔インプラント学会認定の研修施設で研修した歯科医師が在籍しています。また最新の歯科用CT設備により診断し安全に配慮して治療計画を立てます。インプラントを長持ちさせるには日頃のケアが必要ですが、ケアがしやすいインプラントの位置や形、歯ぐきの状態が必要です。長持ちするインプラント治療を心がけていますのでご検討されている方はご相談ください。

  • ホワイトニング

    ホワイトニングの効果には個人差がありますが、施術の回数や方法を変えることで憧れの白い歯を手に入れることが可能です。白くてきれいな歯は自信にもつながりますのでお悩みの方はお問い合わせください。

  • 矯正歯科

    矯正歯科の目的は「不正咬合(ふせいこうごう)」という歯ならびやかみ合わせの悪さを治療することです。歯にワイヤーやバネ、ゴムを用いた矯正力をかけて歯を動かしていく方法です。よい歯ならびやかみ合わせは、健康的な生活を送るうえでとても大事なことです。ご自身やお子さんで、歯並び・かみ合わせに関してお悩みがある方は、ぜひ一度、気軽にご相談ください。

  • マタニティ歯科

    マタニティ歯科は、妊婦さんと生まれてくる赤ちゃんに配慮した歯科治療です。妊娠中は、体調や生活環境、ホルモンバランスの変化で、口腔内にも変化が現れ注意が必要な時期です。歯周病にかかっている妊婦さんは早産や流産、低体重児出産などのリスクが高まるとのデータもありお口の状態がおなかの赤ちゃんにも影響する可能性があります。安心安全な出産とお子さんの健康のために、妊娠中や妊娠前からお口の健康管理をしていきましょう。